久しぶりにブログ書きます。
前回何かを書いた時から数ヶ月、今はNew York MidtownからLos Angelesに本拠を移してビジネスのさらなる拡大に勤しんでいます。
前回書いたのは、8月だったんですね…本当にこの数ヶ月間でいろんなことが起きました…。

まぁ、ブログタイトルは、そのままで"Midtown Report"とします。まだ、向こうにオフィス住所はありますし。

ほぼ週7日、大体朝から晩までオフィスにいますが、夜になってくると段々作業効率が落ちてきて集中力がなくなるので、セミナー、ウェブでのリサーチ、読書に時間を使うことが多いです。

YouTubeも見たりしますが、ハマってくると、もうやめられません。今日、見ていたのが、昔日本で流行った「マネーの虎」のイギリスバージョン。その名も、"Dragon's Den"(竜の巣?)

イギリスでは"Dragon"が「虎」の代わりなんですね。
基本的なフォーマットは日本と一緒で、起業家が自分のアイデアを実現させるために、"Dragon"の前でプレゼンテーションを行い、出資を募るというものです。

日本のオリジナル版では、どちらかというとちょっと勘違いしてしまった人が寒いアイデアを持ってきて虎に怒号を浴びる、というのが多かったと思うのですが、さすがに欧米は起業家のレベルが高い。

要求も、"200,000ポンドで10%のオーナーシップ"と起業家自身からのリクエストもかなり具体的で強気です。これに対し、Dragonは、「全額やるが、オーナーシップは40%ないと出さない」などと、カウンターオファーを出したりします。

一番すごかった起業家が、これ↓

http://www.youtube.com/watch?v=xu0QifxOGvs&feature=related

なんと、出資を募りに来た青年発明家が、2人のDragonからのオファーを蹴って帰るのです。オーナーシップをそんなには渡せない、と。Dragonも、「自分の時間とノウハウを提供できる」と自分の強みをアピールしたりと、立場が逆転しています。

あと、面白かったのが、これ↓

http://www.youtube.com/watch?v=uDiNqp4VRwk&feature=related

アメリカ英語の発音なので、これはたぶん北米バージョンだと思います。オーナーシップを51%にするか、50%にするかでしのぎを削っています。51%をオファーしたDragonも、強気で不遜に見えるものの、出資したくてしょうがない様子で、ついには妥協します。


この番組は真剣勝負で面白いし、会話のやりとりは本当に勉強になります。